皮膚科の肝斑治療にはトラネキサム酸が処方されます!

皮膚科の肝斑治療にはトラネキサム酸が処方されます!

もともと、肝斑を消す化粧品より前から進められている処方です!

皮膚科では、肝斑の治療改善の手法として、トラネキサム酸が有効とされています。

トラネキサム酸は、皮膚科で処方されたり、薬局などで購入することができます。

トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸の成分で国内で浸透している名称といえば『トランサミン』などの商品名で販売されています。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸の効果は、主に美白効果で色素沈着を抑える効果があり、シミの元となるメラニンを作り出す働きを抑制します。


飲み薬でもある、トラネキサム酸は、肝斑やシミに働きかけてくれるスグレモノなのです。

トラネキサム酸は、抗プラスミン作用があってメラニン生成の増幅を制御する働きがあると言われています。


肝斑患者に、一日のトラネキサム酸の投与は、750〜1500mgで4週間から5ヶ月間の投与で有効率が85.3%ほどの効果が現れています。

その他のシミ、老人性色素班や炎症後色素沈着症などにも有効で、臨床実験でも8週間の投与で改善が見えてきたと報告があります。

肝斑は、症状によっては完全に完治するのが困難で、皮膚科ではさまざまな処方の組み合わせの治療法を考えます。

その治療で第一に候補として挙げらるのが、トラネキサム酸と言われて肝斑治療には有効な方法なのです。


最近では、皮膚科や美容院など行く手間を省くのに、ドラックストアなどでもトラネキサム酸のお薬を購入できます。

ハイドロキノンとトラネキサム酸を比較

ハイドロキノンとトラネキサム酸を比較すると、


ハイドロキノンは、使用中紫外線対策を必ずしなければいけません。

服用中は紫外線を取り入れやすい肌になりシミになりやすく酷くなる場合があります。


トラネキサム酸は、その点心配がなく服用するだけで済みます。

ただ、トラネキサム酸は、薬なので合わない方もおられます。

最近では副作用の報告は、ほとんど聞きませんが服用の注意を守って飲むことが大切です。


現在、通販で肝斑やシミに期待できるお薬といえば、

『BIHAKUEN』(ビハクエン)


がとても人気です!

口コミも評価が高く肝斑が薄くなった!!との声が多数ありました!

トラネキサム酸(ビハクエン)



BIHAKUENトラネキサム酸の魅力
「BIHAKUENトラネキサム酸」の主役は、その名の通り主成分トラネキサム酸。メラニンを作る仕組みメラノサイトを活性化させる因子であるプラスミンを阻害することで、メラニンの生成を抑制します。


また、「BIHAKUENトラネキサム酸」は、女性ホルモンに影響をあたえることなく、シミや肝斑をおさえることができるので、長期的に使用できるのもの魅力の1つ。実際に、トラネキサム酸は、一般的な美容外科でも、シミの治療に使用されている成分です。ブリスター(個別包装)タイプで、持ち運びがしやすいのも嬉しい限り。


◆用法

BIHAKUENトラネキサム酸 250mg
1回500mg(2カプセル)を1日3〜4回服用してください。

BIHAKUENトラネキサム酸 500mg
1回500mg(1カプセル)を1日3〜4回服用してください。

海外の臨床試験では、トラネキサム酸として1日服用量500mgでの肝斑への有効性が確認されています。

(注意:ピルとの併用は効果が現れないようですのでどちらかの服用にが望ましいです。)


肝斑と美容外科で言われ
病院で飲み薬を頂きましたが保険が効かないので
高いので
大阪堂さんのトラネキサム酸を見つけ購入
250mg、500mgを購入肝斑も薄くなりとても良い商品でお薦めです。

肝斑が目立つようになり悩んでいて、BIHAKUENのトラネキサム酸500mgを購入しました。
以前服用した市販のものより価格も安く、明らかに効果も出ていて、ほどんど目立たなくなりました!

一箱飲み終わったのでレビューします。
私は肝斑よりもハッキリしたシミに効果がありました。
濃いシミが確実に小さくなってます。

以上の口コミは、販売サイトで確認できます。
他の方の口コミも確認してみましょう!


[BIHAKUEN]トラネキサム酸(TranexamicAcid)250mgはこちら


[BIHAKUEN]トラネキサム酸(TranexamicAcid)500mgはこちら