皮膚科の肝斑治療にはトラネキサム酸が処方されます!

皮膚科の肝斑治療にはトラネキサム酸が処方されます!

もともと、肝斑を消す化粧品がない前から進められている処方!

人工合成されたアミノ酸の成分のトラネキサム酸は、国内では、トランサミンなどの商品名で販売されています。

美白効果で色素沈着抑制効果があり、シミの元となるメラニンを作り出す働きを抑制します。

【トラネキサム酸の効果】



皮膚科では、肝斑の治療改善の手法として、トラネキサム酸が有効とされています。

トラネキサム酸は、皮膚科で処方されたり、薬局などで購入することができます。

飲み薬でもある、トラネキサム酸は、肝斑やシミに働きかけてくれるスグレモノなのですが、服用の注意も必要です。

そして、綺麗に治った、消えたと思って服用をやめると再発の場合があるようです。


トラネキサム酸は、抗プラスミン作用があってメラニン生成の増幅を制御する働きがあると言われています。

肝斑患者に、一日のトラネキサム酸の投与は、750〜1500mgで4週間から5ヶ月間の投与で有効率が85.3%ほどの効果が現れています。

その他のシミ、老人性色素班や炎症後色素沈着症などにも有効で、臨床実験でも8週間の投与で改善が見えてきたと報告があります。

肝斑は、症状によっては完全に完治するのが困難で、皮膚科ではさまざまな処方の組み合わせの治療法を考えます。

その治療で第一に候補として挙げらるのが、トラネキサム酸と言われて肝斑治療には有効な方法なのです。