肝斑はトラネキサム酸も有効?!

皮膚科医で肝斑にはトラネキサム酸を使用?!

肝斑には内服薬や外用剤ほか、さまざまな治療法がありますが、皮膚科医で肝斑治療 で広く第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服薬です。



メリットとデメリットがあり、確かに効果があり人気もあります。

しかし、薬の効果で「肝斑が薄くなった」と喜んで、服用をやめてしまうと、残念ながら症状が再発してしまう可能性があります。

トラネキサム酸はもともと止血作用の為の目的で使われていました。

ほとんど副作用は、無いようです。

ただし、服用の注意を守らない場合は、脳梗塞や心筋梗塞、静脈血栓症などを引き起こす可能性が高くなります。

早く効果を出したいと思って多く服用しないようにしましょう!

かなり人気のトランサミン500mg(Transamin) 【1箱100錠】はお得です。

大塚寧々がCMしてた、肝斑に効くトラネキサム酸配合の「トランシーノ」が有名です!

今回おすすめなのが、「トランシーノ」と同じ配合の トランサミン500mg(Transamin) 【1箱100錠】

「トランシーノ」より、錠剤の量が多くお得です。

( 967件のレビュー ) もある人気商品です。


トランサミン500mg(Transamin)はこちら


トランサミンは、美容外科でもシミの内服薬として使われているトラネキサム酸を有効成分とする、シミや肝斑(かんぱん)など女性の肌の悩みに有効な内服薬です。

トラネキサム酸は、女性ホルモンに直接影響を与えずに、シミや肝斑を抑えます。

服用が長期になっても、ホルモンバランスを崩す作用がなく、安心して服用できる治療薬です。

◆効果

継続的に服用することで、シミや肝斑の解消に効果が期待できます。

トラネキサム酸における服用の注意事項

55歳以上の方の服用は、注意が必要


腎臓から排泄される薬であるため、腎臓機能の低下した高齢者には注意が必要。また、高齢になると血栓症を発祥しやすいため。

トラネキサム酸を含む薬を処方されているときは飲んではいけない


風邪薬、歯科医で処方される止血剤など、トラネキサム酸が配合されている場合があります。

ピル服用時は飲んではいけない


など、飲む前に条件がつけれています。

トラネキサム酸は『治す』というよりも『うまくコントロール』することで、服用するというこになります。