シミの一種の『雀卵斑(ソバカス)』とは?

シミの一種の『雀卵斑(ソバカス)』とは?

雀卵斑(ソバカス)



スズメの卵の殻の柄に似ているため名付けられたソバカス。

主に目の下にできる細かな色素斑が散らばっているのが特徴です。

ほとんどのケースは、遺伝的なものが原因とされています。

早い時では、思春期(10代)にできはじめ紫外線など外的な影響で、広範囲に広がったり濃くなったりします。

もっとも、色白の人に多く現れます。

メラニンの生成を抑制することで薄くすることはできます。

しかし、遺伝的要素が強いため美白化粧品だけでは有効ではない場合があります。

レーザー治療でもシミを取り除くことしかできません。

遺伝的にシミができやすい体質なので、再発の恐れが十分あります。