妊娠中や産後の顔のシミが酷い!美白化粧品の選ぶ条件とは?

妊娠中や産後の顔のシミが酷い!美白化粧品の選ぶ条件とは?

女性にもっとも大い、妊娠中や出産をきっかけに、頬にシミができてしまった!



ほとんどの方が、最初は薄かったのですが、次第に酷くなってきましたというパターンです。


通常のシミができる原因は・・・



シミの原因要素の紫外線が肌に当たると、シミの元となるメラニン色素を作る「メラノサイト」のスイッチが起動します。

本来メラニンは、ターンオーバー共に体の外に排出されていきます。

よってシミまで行き届かないのですが、加齢やストレスなどでターンオーバーが乱れると、メラニン色素はそのまま肌に残り、シミになってしまうのです。

これが、ほとんどの方にできるシミになります。


そして、妊娠中や出産後のシミについては・・・



これは、妊娠して女性ホルモンのメラニン色素を大量発生させる 『妊娠性ホルモン』 が多く増えてしまう原因です。

その結果メラノサイトの活動を活性化して、シミも大量発生してしまうという訳です。

そして、妊娠中は紫外線の影響を受けやすいので注意したいところです。

妊娠中に、顔やお腹にしみができていることを発見することがあります。これは、妊娠性肝斑というもの。

お腹周りに特にできやすく、妊娠中のホルモンの分泌が大きく関係しています。

産後のシミは自然にできて、自然に消えるのがほとんど



妊娠性のホルモンがシミをつくるメラノサイトの活動を刺激し、メラニン色素が増えてきて、妊娠中や産後はシミができやすくなります。

それでも、産後、しばらく経ち、ホルモン状況が元に戻ると、増えたシミは消えてゆくか薄れてゆくでしょう。

しかし、紫外線やストレス、加齢に伴ってできたシミなどは、難しいかもしれません。

そのような場合は、美白化粧品がよい効果に導いてくれます。

妊娠中・産後のシミをどうしても消したい時は美白化粧品でも条件があります!

シミを消すには、美白化粧品を選ぶ方法のひとつです。

選ぶ時の条件が実はあります。


妊娠中は肌が敏感になる

敏感肌は美白が効きにくい

美白化粧品は成分が強いものが多い

それらの条件をクリアできる美白化粧品が、ビーグレンの美白化粧品になります。

“産後、急にシミが増え、あらゆるコスメを試してきたけど結果がでない!” 

と悩み始めたきっかけとして、多くの声が挙がるほどの美白化粧品。

でも、産後シミにもビーグレンは効果があるのか・・・?

こちらの動画を確認してみましょう!!



いかがですか?

1ヶ月後、肌のトーンが上がって透明感が出ていますよね!

Dr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品『b.glen(ビーグレン)』

Dr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品『b.glen(ビーグレン)』

普通肌

乾燥肌

敏感肌

混合肌

アトピー



ハイドロキノンにおける浸透性を高めた化粧品です。

赤みやピリピリなどの刺激を抑えた、敏感肌の方でも使用できる、ビーグレン化粧品です。

お手入れの鍵を握るのは、2つの成分「ビタミンC」と「ハイドロキノン」。

紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌へ導きます。

はじめての方には、まずは ホワイトケア トライアルセットでお試し下さい!

【効果】
肌のシミ・肝斑・くすみの悩みの方
肌の色素沈着の悩みの方

紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌へ導く「ホワイトケア」。
お手入れの鍵を握るのは、優れた働きでブライトニングケアの歴史をリードしてきた2つの成分「ビタミンC」と「ハイドロキノン」です。
夜は5ステップ、朝は4ステップで高い到達点を目指します。

【口コミ評価のポイント】
以前使っていたとき、1本使い終わる頃に頬骨あたりにあった5ミリくらいのシミが薄くなりました。
できてから10年くらいと長年あったシミだったので諦めかけていたので、消えかけて感動しました。
その後、満足して使うのをやめたら、またそのシミが濃くなってきました。。。

そこで今回また使い始めたところ、2/3くらい使った頃に薄くなってきて、コンシーラーなしでも目立たないレベルになりました。
もうしばらく使い続けて、もっと薄くなるよう頑張ります。
シミがだんだん広がって濃くなったのでトライアルを購入して試すと良かったのですぐ現品を購入しました。
今二カ月位ですが、かなり薄くなったという感じはしませんが透明感はアップしてくすみが取れた感じがします。
もとがかなり濃くなっていたのでもう少し頑張ってみます。オペレーターの方に相談もできるから安心してつかえます。

ホワイトケア トライアルセット
紫外線ダメージに負けない、明るさ際立つ透明美肌へ

▼公式サイトの詳細こちら▼