肝斑を消したい人に良い食材は『リコピン』がおすすめ!

肝斑を消したい人に良い食材は『リコピン』がおすすめ!

トマトに含まれる成分に肝斑やシミに良いと言われる『リコピン』が活躍します!



リコピンとは

リコピンとはカロテノイドの一種で、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれる脂溶性の赤色の色素です。

果物や野菜に含まれる赤い色素がリコピンです。

抗酸化作用のある中でも効果が高いのがリコピンです。

紫外線によってできた活性酸素に対しても、高い抗酸化作用があ期待できるそうです。



リコピンの効果を期待するには、1日に15mgのリコピンが必要と言われています。


リコピンの働き


リコピンは抗酸化力が高く、ビタミンEの100の抗酸化力があると言われます。

● 血糖値を下げる

● 動脈硬化の予防

● ガンを予防

● 喘息の改善

● 美白効果

● ダイエット効果

などが期待できると言われています。

肝斑を消したい人に良い食材の『リコピン』は食べ方が大事!

トマトに多く含まれる、抗酸化作用の高い成分リコピンで肝斑やシミに良いと言われています。



ただ、食べるのではなく、一番効果的な食べ方や食べるタイミングがあるようです。

リコピンで美容効果を得るには1日15mgの摂取が理想的といわれていて、これはLサイズのトマト約2個分(約500g)が目安となります。


トマトのリコピンは美肌の頼もしい味方です。


その、リコピンをいつ食べると一番美肌効果が期待できるかというと・・・

一番美肌に効果が現れるのは、夜に摂取することです。


リコピンは、トマトを食べたあと、小腸から吸収されて全身を循環し、6〜8時間後に肌の細胞に到達します。

夜、トマトを食べておくと、紫外線にさらされる朝までにお肌に届いてくれる、というわけです。

リコピンは完熟したトマトほど多くなので、より真っ赤なトマトがいいそうですよ!

知ってました?

肝斑を消したい人に良い食材の『リコピン』はなぜ効果があるのでしょうか?

「抗酸化作用」



リコピンは抗酸化作用が特に強いそうです。

「美白・美肌にも有効」

シミやソバカスなどの原因となる、紫外線によってメラニンの生成を促進する活性酸素を消去し、メラニンの生成の働きを抑えるそうです。