肝斑は出産中・妊娠後になりやすい!

肝斑は出産中・妊娠後になりやすい!

肝斑はシミやソバカスなどとはできる原因が少々異なり厄介なものだといわれています。



肝斑は、女性ホルモンに関係しているものです。

そのため、女性に多いのはそのためでもあります。

肝斑は肌の老朽化が進む30〜40歳代に発症します。



高齢者にはほとんど見られないことから、まず年齢でその可能性を判別できることが特徴のひとつに挙げられます

閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。

特に20代後半から30代の方の妊娠中にはできやすく「妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)」として知られています。

妊娠中に肝斑ができやすい原因は?

肝斑が発生する要因として、女性ホルモン(血管拡張作用があります)があります。

女性ホルモンは毛細血管の拡張作用があることが分かっています。その拡張と紫外線の照射が関わっているとされています。

男性にもできるのは、女性ホルモンがまたくないわけではないからですね。

そして、肌のメラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。

そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などにも原因があります。

肝斑ができやすいもっとも多い原因は、

@ 女性ホルモンが毛細血管の拡張作用をおこす原因。

A 紫外線を浴びることで毛細血管の拡張作用への刺激を与えてしまう原因。

B 日常のストレス、睡眠不足、栄養不足などの原因。

が原因で一番挙げられます。

肝斑の治療

肝斑の治療で皮膚科で内服するものとしては、

ビタミンCとトラネキサム酸が効果的と判断して処方されるようですね。

ただし、トラネキサム酸については副作用があるようですので合わない方が服用するとトラブルを招くことが少なくはありません。

そして、トラネキサム酸をやめても治る方もおられますが、また再発する可能性が大いにあるようです。

トラネキサム酸は、治すよりも食い止める働きでもあります。

そこで!

トラネキサム酸に匹敵する、いやそれ以上に安心して副作用のない効果のあるもの!

AMPLEUR(アンプルール)の化粧品がおすすめです!

トライアルセットがあるのでお試しで使用してみるといいでしょう!

美白効果を上げるには、続けられることで肌の質感が良くなり美肌の効果が見られます。

そして使い続けて 『シミがなくなっていきました!』 という方も大勢います。

お肌に合えば、是非長く続けることが良いでしょうね!



美白化粧品を試したのですが、どれも「予防」を目的とするものばかりで満足した結果が得られない方に!

AMPLEUR(アンプルール)は、すでにできたしみを「消す」目的の化粧品です。

早い方で1週間しないうちにシミが薄くなるほど、期待できます!

▼肝斑・シミを消したいあなたへ▼

アンプルール トライアルセットはこちら