シミの一種の『花弁状色素斑』とは?

シミの一種の『雀卵斑(ソバカス)』とは?

花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)



強い日焼けなど皮膚が炎症を起こすことで出来てしまう原因で、顔・首・肩・腕などに現われる、花びら状のシミなどが特徴です。

とても厄介で、メラニンが真皮まで到達してしまっているシミになるため、美白化粧品では改善が期待できないません。

改善策には、患部をしっかり冷やして、栄養補給のビタミンCを含む食物をたくさん摂取するのが一番です。

ビタミンCのサプリメントなども利用するといいでしょう!

速攻性を求める場合、レーザー治療の方法があります。

そのほかの方法では消すのは難しいでしょう。

遺伝的にシミができやすい体質なので、再発の恐れが十分あります。