肝斑してはいけない治療とは

逆に肝斑治療に用いてはいけないこと

できてしまったメラニンを除去するにはレーザー治療が用いられますが、実は肝斑にはレーザー治療は不向きといわれています。

 

過度の刺激は肝斑を悪化させることがわかっており、レーザー治療の場合、その後の炎症性の反応でかえって肝斑が悪化する可能性が指摘されていますので注意が必要です。

 

 

洗顔やフェイスマッサージなどで必要以上に激しくこすったり、余計な摩擦を与えないように注意しましょう。

 

エステなどで刺激しすぎるのはやめましょう。