肝斑は紫外線だけが原因ではない!それって何?

肝斑は紫外線だけが原因ではない!それって何?

肝斑やシミ紫外線が原因??
と思い込むのは、ちょっとまって・・・



一度できてしまうと、消すのが大変です。
予防の一つとして考えて欲しいのが、紫外線が第一と考えられますが、実は現代におけるもっとも多い

ストレス

が原因の項目としても挙げられているようです。


ストレスが蓄積していくと、何かとからだの信号がでやすくなります。

男性も多く、特に女性はさまざまな経験をしていく中で沢山のストレスを抱えやすくなります。

職場のストレス、妊娠から育児、ダイエット、生活環境、ママ友とのいざこざ、ご近所づきあい、SNS、家事
など挙げれば沢山あります。


女性には、女性ホルモンがありストレスの影響で肝斑やシミなどできたりします。

特に影響が高いのは、妊娠から育児の期間がでやすいと言われています。

そして年齢が上がっていくにつれてもなりやすくなります。

顔にシミができる原因は何かからだの不調が出ている信号かも?

実は、シミの原因には、内臓や体の不調と深い関係が・・・・




シミの原因の多くは、紫外線によるものですが、女性ホルモンの影響によってシミができることもあります。

シミは、できる場所によってそれぞれ原因があるのです。

内臓に不調があると、顔のシミとなって表れることがあるんです。

医者の見方からすると、顔に表れるシミは 『病気を引き起こす可能性のある信号』 とも言われています。

ストレスはホルモンバランスが乱れる原因にもなります!

現代はストレス社会だと、言われています。




実は人口の半数以上の人が「精神的疲労やストレスを感じている」ようです。

忙しい毎日を過ごしてると気づかないうちに、ストレスがたまりやすくなっています。

日本人はまじめで責任感をすごく感じている性格の人が多くて、ストレスを受けやすいのもひとつですね。


ストレスは、女性ホルモンのバランスをも崩してしまいます。


失恋をしたり、人間関係に悩んだり、過度な仕事が重なったりすると、ストレスで女性ホルモンがバランスを崩して月経が止まってしまう場合があります。

極度なダイエットもストレスのもとなんです!

食欲とストレスは永遠につきまといます!




ストレスが溜まった分だけ、ストレス発散をする行動を取り、暴飲暴食に走ってしまう傾向になりやすくなります。

食べたいものを食べられないストレスは、ダイエットの最大の敵になってしまいますよ。


栄養をしっかりと補給できないと体調を崩したりイライラとしてストレスが溜まってしまいます。

健康な生活のために必要な栄養素が不足すると体内の機能がうまく働かなくなります。

その影響で肌荒れや吹き出物などができやすくなったり、女性ホルモンに影響がでやすくなりシミや肝斑などにも繋がります。

また、内蔵などの胃腸が悪くなったりしてしまいます。

ストレスが溜めずに無理をせず休むことです!

ストレスを抱えないように…と頭では思っていても、女性とストレスは切っても切れない関係です。




たまに、私は、「ストレスなんてない!」と断言する人がいますが、そういう方にとって自覚がなくストレスを抱えている場合が多いようです。

無自覚症状です。


ストレスを抱えやすい人の特徴って


・真面目で責任感が強い
・頑張りすぎるところがある
・几帳面
・せっかち
・オーバーワークに気づかない
・我慢強い
・生活のリズムが乱れていると感じる
・最近、環境の変化があった(失恋、転勤等)


なんでも抱え込んでしまう人、生まじめ、気を配りすぎる、無趣味な人はストレスを溜めやすいので要注意です。

つらい、何もやる気がでない、などの症状が出ているのであれば、明らかにストレス過剰であり、自分のストレスを理解して対処することが大事です。



スポーツなどで軽く体を動かしたり、好きなことに没頭する時間を設けたり、生活の中に盛り込んで健康的にストレス発散することですね。



ストレスに関して長くなってしまいましたが、シミや肝斑をつくらない方法と原因、そしてなにより健康のひとつとして見直してみましょう!