肝斑に効く食べ物とは

肝斑に効く食べ物とは

肝斑やシミをこれ以上ひどくならないためには、化粧品も大事ですが、並行して日々の食事の栄養素も見直すことが大事ですね。




肝斑やシミを予防する食べ物の栄養素は、ビタミンCが良いと言われています。

また、アミノ酸(グルタチオン類)、ビタミンH、ビタミンE、PLエキス、リコピン

食べ物でも手軽に摂取できる栄養素です。

これらの栄養素を普段の食事に取り入れていくことをおすすめします。

『肝斑に効く食べ物』抗酸化作用の栄養成分について



からだのサビ取り(抗酸化)に働く栄養素は?

リコピン・・・トマトで摂れることで有名

アミノ酸(グルタチオン類)・・・体内にある成分でもあることで美白と関係している

アミノ酸は、体内のあらゆる細胞を作り出すのに必要な栄養素。

これらは、アンチエイジング(老化防止)効果で注目されている栄養素です。

それは、日焼けでできる黒色色素メラニンを抑える働きがあるということです。


アミノ酸(グルタチオン類)を含有する食べ物


牛レバー、豚バラ肉、カキ、いわし、トマト、ほうれん草、精白米、ヒト母乳

『肝斑に効く食べ物』メラニン生成を防ぐ栄養成分について



乾燥肌を防ぐために必要なお肌のコラーゲンの生成を促します。

肌の健康状態を維持するためには欠かせない栄養素でもあります。

肝斑やシミの治療でも必ず使われるビタミンC。

強い抗酸化作用でメラニンの発生を抑えてくれる、とてもすぐれたものです。

抗酸化作用 (皮膚の老化や炎症を進める血液中の増えすぎた活性酸素を除去する働き)に効果的。


ビタミンCを含有する食べ物


ピーマン・キャベツ・パセリ・にがうり・のびる・ブロッコリー・かぶの葉・ミニトマト・明日葉・アセロラ・ゆず・レモン・キウイフルーツ・いちご・柿

『肝斑に効く食べ物』皮膚や粘膜の健康維持の栄養成分について



ビタミンHとも呼ばれているビオチンは、身体の代謝機能を助けたり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

湿疹やアトピーにも効果があると言われ、治療に使われることもあります。


ビタミンHを含有する食べ物


豚肝臓・牛肝臓・大豆・落花生・玄米・いわし・卵黄・マッシュルーム

肝斑やシミを予防し改善するにはハイドロキノン化粧品と併用に栄養素を摂ることです!



肝斑やシミを予防する栄養素は、紹介した食べ物を日々バランスよく食べ摂取することが望ましいです。

そして、並行してハイドロキノン配合の化粧品を使用すると効果が上がります。


そして、肝斑やシミを予防するには、なんといっても日焼けによる紫外線は大敵です!


その影響を受けない為の、シミを増やさないサプリメントが開発されて、今では人気が上がってきています。

雑誌やメディアでも紹介されるようになってきています。



これは、肝斑やシミを予防するための栄養素だけが集めれてつくられたサプリメントになります。

肝斑やシミをこれ以上に増やさない強い味方になってくれるでしょう!


化粧品だと、塗り直しなど気にしないといけないですけど、これなら安心ですね。

おすすめのサプリメントはこちらです!

飲む日焼け止め【ボタニカルホワイト】 業界最安値級、日焼け止め成分W配合の実感力



・うっかり塗り忘れちゃう・・・
・汗で落ちちゃう。
・塗り直しが面倒
・塗りムラが気になる
・塗っていたのに焼けちゃった!
・肌への負担が心配

そう、これまでの「塗る」日焼け止めには限界がありました。

しかも、うっかり紫外線を浴びた後、怖いのは日焼けだけではありません。

実は、紫外線は肌老化の原因にもなるんです。

【だから、飲むだけカンタン、1回たった3秒で全身UVケア】

飲む日焼け止め「ボタニカルホワイト」なら、飲むだけたった3秒で全身紫外線ケア。

塗る日焼け止めの限界を解決する全く新しい紫外線対策です。

▼ボタニカルホワイト▼

▲公式サイトをチェック▲

紫外線ダメージ予防とシミしわ対策【美白サプリメント】ASTRIUM


海外セレブが愛用する美容サプリメントの出荷累計数200万個を超えるサプリメント!


・アスタキサンチンの強力な美活作用はコエンザイムQ10の約1000倍!

・水分量上昇効果・保湿効果が期待できるため、サンブロック対策としても期待が出来ます。

・体内でメラニンを作らせない!作っても黒くしない!ダブルの白の透明感効果があります。

・美活作用を増強し、活性酸素によるダメージからも白のキレイを守ります。

シルキーホワイトサプリメント

▼アストリウム▼

▲公式サイトをチェック▲