美白化粧品でシミが消えないのは肝斑かもしれません!

美白化粧品でシミが消えないのは肝斑かもしれません!

頬にできたシミのためにせっせと美白ケア。

でもイマイチ効果が感じられない!?

もしかしたら、それは肝斑(かんぱん)かもしれません。

肝斑ケアと普通のシミケアは実は違うんです。

シミかと思ったら肝斑だった!

頬にモヤモヤっとできたシミ。

そのシミ、美白ケアしても効果があまり感じられないはず!

それは肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミの一種かもしれません。

肝斑(かんぱん)は、一般的に30〜40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。

肝斑(かんぱん)の原因はまだ明らかになってませんが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけにあらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。

普通のシミならレーザーで焼いてポロっと取れるのに、肝斑は取れない。

見た目は小さい頃からあるソバカスのような・・・30歳頃になって急に薄いしみが目の下にいっぱいできたら肝斑かも!

肝斑…目の下のあたりに左右対称にできる色素沈着。
日焼けすると悪化する。

肝斑とシミの違い

肝斑は比較的頬骨やこめかみ付近などにできやすく、左右対称に現れることが多いです。

基本的に30代から40代の女性にできることが多く、ある日突然できることもあるんです。

肝斑も大きく分けるとシミのひとつなのですが、大きく分けるとシミは紫外線を浴びてできるのに対し、肝斑は紫外線に当たらなくてもできます。

100%ではありませんが、肝斑はモヤモヤっとして境目が曖昧ですが、シミは輪郭がしっかりしている場合が多いです。

肝斑ができる原因

シミの原因としては紫外線を想像する人も多いと思います。

肝斑の原因も紫外線ということもありますが、シミと違い肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れてしまったときに発生しやすいのです。

黄色人種は肝斑ができやすい人種と言われています。

アジア人は基本的に黄色人種ですので肝斑ができやすく、日本人も当然肝斑が出来やすいという事になります。

肝斑ができる原因は、一般的には老化と言われています。

ただ、女性ホルモンのバランスに関係しているので、妊娠によってできたり、ピルによって引き起こされることがあります。

肝斑にはトラネキサム酸!

トラネキサム酸は、色素沈着抑制効果をもつ内服薬で、肝斑に効果を発揮します。


肝斑に効く「トラネキサム酸」とは?

人工合成されたアミノ酸。

国内では、トランサミンなどの商品名で販売。

止血剤として

月経過多、血友病、白血病などによる出血を抑える


抗炎症・抗アレルギー作用

蕁麻疹、扁桃炎、口内炎、血管浮腫などに


美白効果

色素沈着抑制効果がある。
色素細胞メラノサイトがシミの元となるメラニンを作り出す働きを抑制。


服用上の注意

55歳以上の方の服用は、注意が必要

腎臓から排泄される薬であるため、腎臓機能の低下した高齢者には注意が必要。また、高齢になると血栓症を発祥しやすいため。

2ヶ月以上飲んではいけない

2ヵ月以上続けてのんだ場合の有効性・安全性については、十分なデータが確認できていない。

トラネキサム酸を含む薬を処方されているときは飲んではいけない

風邪薬、歯科医で処方される止血剤など、トラネキサム酸が配合されている場合がある。

ピル服用時は飲んではいけない

スキンケアならハイドロキノン!

一般的なアルブチンやコウジ酸などに比べ、約100倍もの美白作用があると言われ、「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白剤です。

 

ハイドロキノンには、シミのもととなるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの産生を抑える働きがあり、シミに高い効果があるとされています。

 

アメリカで美白といえば、このハイドロキノンが主流。

肝斑にレーザー治療ができるようになった!

シミはレーザー治療などで消すことができますが、肝斑はシミとは異なるため、レーザー治療では消せないと言われてきました。

しかし、新しい高性能機器「レーザートーニング」で肝斑が治療できるようになりました!


薄い広範囲のシミをなくすならレーザートーニングが確実!

レーザートーニングは最新のQスイッチレーザーを用い、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していきます。炎症を起こさない弱いパワーでレーザーをフラットに照射。

均一にエネルギーを届け、正常な皮膚を傷つけることなく、安全で確実に肝斑を治療します。


デメリットは・・・金額。

6回で10万以下のコースもありますが、値段並の効果は実感できないと思われます・・・

×2で12回コースをクリニックはすすめてくるでしょうし、実際そうしたほうが肌がきれいになります。

最初のほうは肌のために出力レベルが低いですし。

そして20万位になる、というのは覚悟が必要です。

12回までなら金利なしのローンもあります。

施術を行う部位を減らすとか、ローン回数などお金のことはしっかり相談して決めましょう!

紫外線に注意しないと大変なことに

肝斑は紫外線を浴びると悪化してしまう可能性があります。

シミ対策としてもUVカットは大切ですが、肝斑がある人もしっかりと対策をおこないましょう。