肝斑になる原因について

肝斑になる原因とは?

シミと同じに見えるものですが、原因は違うものになります。

シミは、主に紫外線を浴びたり、ターンオーバーの原因、メラニンの異常生成などから起こり肌にできるものです。

肝斑は、女性ホルモンの減少が、主な原因であると考えられています。

妊娠や経口避妊薬使用などが挙げられるケースがとても多いことなどから、女性ホルモンの減少および分泌バランスの乱れなどが最も大きく関係していると考えられています。

女性ホルモンや紫外線などがメラノサイトを刺激し、過剰につくられたメラニンがケラチノサイトにたまってシミになります。



肝斑が現れる原因(メカニズム)については、これからも研究段階に至っています。