肝斑治療の外用治療にフラーレンが使われる訳とは?

肝斑治療の外用治療にフラーレンが使われる訳とは?



肝斑の内服・外服治療には、

ビタミンC

ビタミンE

トラネキサム酸

が一般的治療薬として処方されます。

そして、外服治療には、

ハイドロキノン軟膏

トラネキサム酸含有クリーム

ビタミンCローション

そして、フラーレンローションが使われます。


そもそもフラーレンって何?

ですが、簡単に言うと、皮膚の老化を防ぐ・食い止める働きをする物質です。

これは、ノーベル賞をとるほどの快挙のある物質なのです。

肝斑治療に使われるフラーレンはどのような働きをするの?

年齢を重ねると活性酸素という、肌老化を引き起こしていきます。

肌は細胞の集まりで酸化していき老化的な肌になっていくのは、みなさん同じです。

しかし、フラーレンを使用することで、肌の老化いわゆる酸化を無効化にしてくれます。



果物も同じことで、例えばりんご

りんごの実で実験したものです。

@ リンゴにフラーレン1%の水溶液

A フラーレン5%の水溶液

B 何も入っていない水

を用意して塗ったものです。



時間を経過すると結果がはっきりわかります。

フラーレンが入っている方は変色がほぼありません。

その結果、フラーレンの成分がリンゴの酸化を防いだといえます。

肝斑治療に使われるフラーレンで活性酸素を封じる抗酸化の必要性

多くの女性が年齢と共に悩む、シミ・シワや肝斑などの老化は、とても気にしてしまいます。

老化でシミ・シワや肝斑などを発症する原因とは活性酸素によるものなのです。

この肌の老化を防ぐ方法には、活性酸素から肌を守ることなのです。



フラーレンには活性酸素から守る抗酸化成分が入っています。

そして肝斑の天敵でもある紫外線を浴びることでも老化の近道と言われていますが、これも活性酸素が発生することでおこります。

この防止を止める対策でも抗酸化成分が有効とされています。


従来の抗酸化成分とフラーレンの違いとは?

肝斑の治療の内服でも利用するビタミンCも抗酸化成分の働きがあるのですが、

フラーレンには、ほかにはない強みでもある持続力と安定性にあります!

従来の抗酸化成分は、自分自身が身代わりとなって酸化されることで、肌の酸化を防ぐ働きをします。

フラーレンは、活性酸素を吸着して酸化を防ぐ優れものになります。



フラーレンは吸着できる活性酸素の種類も多く、お肌の表面を、ぐいぐい掃除機のようにお掃除してくれます。

効果は11時間続くようです。

また紫外線が強くなる時期は、従来の抗酸化成分では壊れやすかったのですが、フラーレンは壊れずに安定してくれます。

フラーレンの持続力と安定性は画期的なのです!

こちらはフラーレンを入れた水と、普通の水に植物を入れて観察したものです。



1週間程、観測した結果ですが葉がしおれずフラーレンの持続力でイキイキしています。

一方の枯れる葉っぱは、活性酸素によって枯れてしまいました。

人間の肌と老化もこの現象のように現れることになります。

肝斑治療に使われるフラーレンローション!

肝斑にふさわしい3つの成分配合!!

★ プレミアムビタミンC誘導体APPS

★ ビタミンE誘導体

★ フラーレン配合

フラーレン化粧品、選ぶときのポイントは!!

フラーレンは2種類あります。

脂溶性フラーレン(リポフラーレン)と水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)。

肌には水と脂が共存しています。
その両者にも活性酸素は発生します。

水には、、水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)
水溶性は、即効性の浸透が期待できるもの

油には、脂溶性フラーレン(リポフラーレン)
脂溶性は効果が長く維持できるもの

の両方のフラーレンが入った化粧品が大変おすすめになります!
使い方は朝と夜、洗顔の後に使うことで、長時間フラーレン働き1日中肌の上で活性酸素を取り除いてくれます。

さまざまな肌の悩みを解決してくれる事がわかります。

最高ランク化粧水☆.。.:*・

プレミアムビタミンC誘導体APPS+ビタミンE誘導体(TPNa)ローション

ビタミンC・・・美白効果をあげる色素沈着を防ぎます!

ビタミンE・・・日常で受ける紫外線や大気の汚染から守る!

【ピールローションとのW使いでパワーアップ】100ml

美白効果

メラニンの生成を抑え、色素沈着を防ぎます。

▲肝斑やシミなどにおすすめ▲