肝斑は女性ホルモン以外の原因でも現れる!

女性ホルモン以外の原因

紫外線と無関係というわけではありません。

 

紫外線にあたりやすい部位に症状が現れ、ほかの種類のシミと同じように、発症の誘因となったり、症状を悪化させたりすることもあります。

 

紫外線が当たりやすい場所に出来ます。

 

色素沈着におけるメラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。

 

そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などです。

 

ストレスや不規則な生活などはメラニンといって肌を黒くする色素の分泌を高めます。

 

よく顔を触っていたり、過度のマッサージ等、物理的な刺激でも肝斑を悪化する場合もあります。

 

触りすぎるとその刺激によって血管が拡張したり色素沈着したりして肝斑の原因となります。