肝斑は女性ホルモンと関連が深いのです

肝斑は女性ホルモンと関連が深いのです

頬の部分に肝臓のような形をしている色素沈着や赤みがみられる肝斑という症状。

 

この肝斑はなぜか閉経すると出来なくなることが分かっています。

 

このことから女性ホルモンと関わりが深いとされているのです!

肝斑とは

肝斑(かんぱん)とは、いわゆるシミのことで、顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。

 

シミにもいろいろ種類がありますが、日本人の皮膚はこの肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれているようです。

 

肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。

 

左右対称的に出現するのが特徴です。紫外線が当たりやすい頬骨の上に出来やすいようです。

 

比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。

 

額や口の周辺にもできることがあります。

 

頬にできるものが、肝臓の形に似ているため、肝斑と呼ばれますが、肝臓とは関係なく、直接は、紫外線に当たって出てくるといわれています。

閉経すればなくなる!?

閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。

 

この為、女性ホルモンと大きく関係しているとされています。

 

肝斑は30〜40歳代に発症し、高齢者にはほとんど見られないことから、まず年齢でその可能性を判別できることが特徴のひとつに挙げられます。

 

年齢から肝斑だと判断することもあります。

 

50歳を過ぎていても更年期にピルを内服していると肝斑があらわれてくることもあります。

なぜ、女性ホルモンと関係しているのか

肝斑が発生する要因として、女性ホルモン(血管拡張作用があります)があります。

 

女性ホルモンは毛細血管の拡張作用があることが分かっています。

 

その拡張と紫外線の照射が関わっているとされています。

 

男性だから男性ホルモンだけがあるのではなく、女性ホルモンも働いているのです。

 

その働きが強くなった時に肝斑が出ると考えられるのです。

 

男性でも肝機能の低下などによって女性ホルモンが増えすぎてしまうと肝斑が出来やすくなります。