肝斑は閉経すればなくなるの?

肝斑は閉経すればなくなるの?

肝斑は女性ホルモンのバランスに左右されます。

そのため、特にそのバランスが変動する期間といえば、女性にとっての妊娠、出産でできたりします。

肝斑が発生する要因として、女性ホルモンにおける血管拡張作用になります。

その拡張と紫外線の照射が関わっているとされています。

特にプロゲステロンが低下して、エストロゲンが増えると様々な症状が起こしやすい時期になり、肝斑もそのうちの一つです。



紫外線だけの問題で肝斑が出るわけではありませんが、女性ホルモンのバランスが変動しやすい時期は、紫外線を浴びると酷くなるようです。

女性ホルモンに影響があると、メラノサイトが活発になりやすくなります。

メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。



また、そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などです。

特に、妊娠中や出産後の子育て中は、この条件に当てはまるお母さんたちに当てはまるかと思います。

そうなると肝斑が出やすい条件になり、少しずつ濃くなっていきます。

化粧品で隠すのも難しくなりますね。

閉経後は肝斑は消える?

閉経後の発症はほとんどなく、加齢とともに薄くなったり消えたりする傾向があります。

肝斑は30〜40歳代に発症し、高齢者にはほとんど見られない根拠から、まず年齢でその可能性を判別できることが特徴のひとつに挙げられているようです。



ただし、50歳を過ぎていても更年期に事情があってピルを内服していると肝斑があらわれてくることもあるようですよ。