自力でシミを消したい人におすすめのケア法とは?

自力でシミを消したい人におすすめのケア法とは?

気をつけていても、いつの間にかあらわれて見た目年齢を下げてしまう“顔のシミ”。


新たなシミができるのを防いで濃くしないためには紫外線対策が有効ですが、シミを消すためにはプラスアルファのケアも必要です。

今回は、できてしまった顔のシミを消すのに効果的なセルフケア法をご紹介します。

シミには大きく分けると4つの種類があり、タイプによって対処法が異なります。

まずは、自分のシミのタイプと対策をチェックしましょう。

老人性色素斑(日光黒子)

表皮に軽度の肥厚があり、メラニン色素の増加がみられますが、その原因は日常的に繰り返して浴びた紫外線による影響が大きいと考えられています。



中年以後にみられる色素斑です。

色は淡褐色〜褐色、できはじめは薄い茶色をしていますが次第に濃くはっきりとしてきます。

突然できたように感じることもありますが、これまでに蓄積された紫外線による影響が肌表面にあらわれてきたもので40歳前後から目立ちはじめます。

左右対称ではないのが特徴で、頬骨の高い位置からできはじめることの多い数mm〜数cmの丸い形の色素斑です。



ケア方法 ☆.。.:*・

初期の段階(淡褐色)であれば美白成分のひとつ、ビタミンC誘導体でのケアがオススメです。
ビタミンC誘導体には、メラニンの一部を淡色化する効果やメラニンを作る働きを抑制する作用があります。

石油系界面活性剤フリーWフラーレンオールインワンジェルリッチ

浸透型ビタミンC誘導体や贅沢な含有率で配合しているオールインはこちら


サプリメントなどでビタミンCを摂取するのも良いですが、肌にはあまり届きませんので直接塗るほうが効果的。

また、ビタミンC誘導体はイオン導入すると約20倍も浸透率がアップし効果が高まるため、イオン導入器との併用がオススメです。

エステのケアが簡単にご自宅で 15秒イオン導入美顔器



肝斑(かんぱん)

女性ホルモンに関連してできると言われているシミで、30代〜40代に多く見られます。



色は淡褐色〜褐色で灰色っぽく見えるものあり、頬骨から目尻にそって左右対称にできるのが特徴ですが、まれにおでこや鼻の下にあらわれる場合もあります。

ホルモンバランスの乱れが影響しているため、妊娠中や更年期、ピルを服用している方に多く見られます。



ケア方法 ☆.。.:*・

肝斑は、ターンオーバーを整えるピーリングと、美白化粧品でのケアをあわせて行うと改善効果が高まります。

最近では、肌にやさしい処方で手軽に使えるセルフケア用のピーリング剤もたくさんありますが、スクラブ入りの洗顔料などは刺激で肝斑を悪化させる恐れもあるため注意が必要です。

また、美白成分が配合された化粧品は数多く販売されていますが、これらの製品のほとんどはメラニンの生成を抑えシミができないよう“予防”するためのもの。

肝斑には、クリニックでも処方されている漂白成分“ハイドロキノン”が配合されているものがオススメです。


10日間じっくりお試し トライアルキット


とても有効なトラネキサム酸!


肝斑には、トラネキサム酸という内服薬が有効で幅広く使用されています。

市販薬では、“トランシーノ”“トランサミン”という商品名の製品が有名です。

服用する場合は服用上の注意をよく確認しましょう。

( 967件のレビュー ) もある人気商品です。


トランサミン500mg(Transamin)はこちら


トラネキサム酸は止血剤なので血栓ができやすくなるという副作用を聞きますが、普通に飲むには安全で問題がなく副作用もほぼありません。

ただし、疾患のある方、説明書を無視して使用方法を謝って使用される方は、副作用がおこるリスクが高くなります。

そこは、注意して使用を誤た方法で飲まないようにしましょうね。

炎症後色素沈着

ニキビや傷による炎症が治まったあと色素沈着によってできるシミで、年齢に関係なく見られるシミです。



色は淡褐色〜褐色で青っぽく見える場合もあり、ニキビ跡や足や腕などの消えない虫さされ跡も炎症性色素沈着。

炎症性色素沈着は、時間はかかるものの炎症がおさまると消えていくことが多いようですが、紫外線を浴びるとそのまま残ってしまう場合もあります。



ケア方法 ☆.。.:*・

メラニン色素が真皮まで沈着している可能性があり改善には時間がかかりますが、ピーリングとビタミンC誘導体を併用すると効果が高まります。

日焼けすると消えにくくなるので、パウダーファンデーションや日傘を利用して日焼け対策は万全に行いましょう。


浸透型ビタミンC誘導体や贅沢な含有率で配合しているオールインはこちら


薬用で低刺激のピーリングジェル。溜まった角質・汚れをオフ

そばかす

雀卵斑とも呼ばれている遺伝的な要素によってできるシミで、多くは10代の思春期頃に目立ちはじめます。

色は淡褐色で頬や鼻を中心に、直径数ミリ以下のものが広範囲にわたってできるのが特徴です。

シミの形は円というより三角形や四角形で、色白の方に多く見られます。

遺伝的な要素が強いため、美白化粧品などを使用しても完全に消すことは難しいようですが、思春期を過ぎてから紫外線の影響で濃くなったものは、ピーリングや美白化粧品で薄くすることが可能です。

肝斑と同様に、美白成分は改善効果のあるハイドロキノンが配合されたものがオススメです。



ケア方法 ☆.。.:*・

遺伝的な要素が強いため、美白化粧品などを使用しても完全に消すことは難しいようですが、思春期を過ぎてから紫外線の影響で濃くなったものは、ピーリングや美白化粧品で薄くすることが可能です。

肝斑と同様に、美白成分は改善効果のあるハイドロキノンが配合されたものがオススメです。


10日間じっくりお試し トライアルキット