肝斑に効くハイドロキノンってなんでしょう?

今話題の肝斑に効くハイドロキノンってなんだろう?

人気の化粧品『AMPLEUR(アンプルール)』!
その化粧品に使われている、ハイドロキノンは、メラニンが新しく産生されるのを阻害する働きがあります。



一般的なアルブチンやコウジ酸などに比べ、約100倍もの美白作用があると言われ、「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白剤です。



ハイドロキノンには、シミのもととなるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの産生を抑える働きがあり、シミに高い効果があるとされています。

アメリカで美白といえば、このハイドロキノンが主流のようです。

シミと肝斑の効果について

個人差があるのですが、

シミやくすみなどは、約3ヵ月ほどで薄くなります。

肝斑・扁平母斑はシミよりも効果がでるのは、長くなります。

肝斑は、シミとは違い幅広い原因が伴います。

メラニンからくる肝斑には、まだ先に効果が現れますが、女性ホルモンやそれ以外の原因からくるものは、効果がでるのが後になるようです。

ただ、完全に消えるには時間と日にちがかかりますが、しっかりハイドロキノン入りの化粧品を毎日使用することで次第に肝斑が薄くなってくるので諦めないで続けることが大事です!


ハイドロキノン配合のAMPLEUR(アンプルール)で肝斑に効果!

AMPLEUR(アンプルール)は、すでにできたしみを「消す」目的の化粧品です。

早い方で1週間しないうちにシミが薄くなるほど、期待できます!

▼肝斑・シミを消したいあなたへ▼

アンプルール トライアルセットはこちら