肝斑のレーザー治療について

クリニックでの治療法は困難?

「肝斑は普通のシミ取りレーザーでは取れません」

肝斑には、根本原因がわかっていないため、シミ治療では最も難しいとされています。

女性ホルモンが大きく関係していることもあるため、妊娠やピルの服用により発症もしくは悪化します。

また、肌をこする刺激の繰り返しや紫外線などにより、肝斑のメラニン色素に何らかの炎症が生じている可能性があります。

通常のシミと違い、肝斑はメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、レーザーや光・高周波で治療を行うと刺激が強すぎて、むしろ悪化させる可能性があります。