シミの一種の『炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ) 』とは?

シミの一種の『炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)』とは?

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)



一般的によく出来やすい、顔のシミといれるものです。

別名、日光性黒子と呼ばれ、いままで浴び続けてきた紫外線が蓄積した原因をもとに、年々と経過に伴って現れてくる症状になります。


徐々に濃くなっていき薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしているのが特徴です。

ほとんどの方が、40代あたりから、現れやすくなります。


一度できてしまうと自分では改善・治療が難しい症状です。

そして、治すには、早めの対策が非常に重要になります。

初期の薄い茶色のシミには美白成分が有効です。


防止するためには、日常的に紫外線対策をしっかりとおこない、備えておくことが大切です。




紫外線ダメージを記憶してしまっているので「若い頃から紫外線をブロックする」のが最重要なのです。

時間が経って真皮まで定着してしまったものには、美白成分は効果はないと考えたほうがよいようです。



症状が濃い場合は、レーザー治療と平行に、肌のターンオーバー改善とハイドロキノンが有効とされています。

ただし、加齢とともに黒くはっきりとしたものはレーザー治療で対処出来る場合もあります。

シミの一種の『炎症性色素沈着』は過剰に生成されるメラニンがシミになるもの

老人性色素斑は、紫外線の当たりやすい箇所でもある、顔、腕、手の甲にできる症状です。




紫外線を浴び続けることで、お肌の表面の細胞、ハリを保つのに必要なエラスチンやコラーゲンまで壊します。

その結果、肌の老化現象をひき起こす原因となってしまいます。

人体には紫外線によるダメージを防ぐ機能が備わっていて、それがメラニン細胞の活性化といわれるものです。




日焼けをすると皮膚が黒くなるのは、紫外線が真皮まで届いて細胞を傷つけないように、メラニン細胞が活性化してメラニンがたくさん生成されるためです。

その後、通常は皮膚のターンオーバーに伴ってメラニン色素が排出され、もとの肌色に戻ります。




老人性色素斑は、紫外線対策をせずに慢性的に浴び続けていたり、加齢によりターンオーバーが部分的に滞ったりすると、メラニンが過剰につくられて沈着してしまい、老人性色素斑という褐色のシミができてしまうのです。

老人性色素斑の、改善・治療は局所的に現れたメラニンを、しっかり取り除くことがをすることになります。