肝斑(かんぱん)を消す化粧品の選び方は?

肝斑(かんぱん)を消す化粧品の選び方は?

隠せない肝斑(かんぱん)におけるシミ!

30代から40代にかけてできる肝斑は、メイクで厚塗りをしても隠せないものです。

メイクを厚く塗れば不自然になってしまうし、消せるものならなんとかしたい所ですね。

シミを消す化粧品はたくさん出ていますが、肝斑となると化粧品も限られてきます。

効果が期待できない化粧品を選ぶより、肝斑に効果が期待できる化粧品を使いたいですよね。

☆.。.:*・

クリニックや美容院では、常に最先端技術を取り入れていますし情報には敏感です。

使われている最先端の肝斑を消す化粧品は?

ハイドロキノン成分 の化粧品なんです。



☆.。.:*・

じつは肝斑については、医学的に完璧な処方や改善方法は今現在も研究段階です。

でも、ここ最近になって色々と研究の成果が現れてきているんですよ!

ここで紹介する化粧品も、その成果の結果でつくられたものになります。

〜〜 目次 〜〜


肝斑を消す化粧品のハイドロキノン成分について


『ビタミンC誘導体』は美白な肌を維持する大切なもの!


美白化粧品は根気良く使いましょう!


肝斑の改善・予防の対策について 【まとめ】!


肝斑は出産中・妊娠後になりやすい!


シミや肝斑に悩む患者に処方されるハイドロキノンが話題!


肝斑にはハイドロキノンが一番効果的な美白剤


美白の基本!これだけはしっかりと守って!


肝斑やシミは紫外線だけ守っていてはダメ!ストレスからもあるんです!



みんなが使っている!

『ハイドロキノン』の美白化粧品

▼ ▼ ▼ ▼

効果が期待!大変人気です☆

肝斑を消す化粧品のハイドロキノン成分について

肝斑を消す為に使われる化粧品は、ハイドロキノン成分を使用している美白化粧品が最短な方法です。



ハイドロキノン成分自体には、黒色メラニンを漂白(還元・消す) する作用があります。

ハイドロキノンの使用で注意したいのが濃度の問題です。

濃度が高いままハイドロキノンを使用すると、デリケートな肌に刺激が強すぎてアレルギーを引き起こしてしまいます。


そこで、国内で販売されたものは、肌にやさしい国内配合基準をクリアしたとても安全なものです。

皮膚科医の先生や専門家が監修し、安全を配慮して開発された化粧品です!


美容皮膚科では、肝斑を消す為の第一の選択肢は、4〜7%ハイドロキノン成分を使用します。

一般的には、ハイドロキノン療法で、肝斑などの治療を行なっています。


しかし化粧品では、敏感肌の方や肌の弱い方に合わせて、ハイドロキノン成分をもう少し落として肌に優しくした配合でつくられています。

今では中高年の女性の方に、とても人気が高まっています。

『ビタミンC誘導体』は美白な肌を維持する大切なもの!

ハイドロキノンにプラスして、美白の手助けをする美容成分で ビタミンC誘導体 も手放せないものです。

シミをつくるメラニンの発生を防ぐのに欠かせない栄養素になります。

肝斑を消す化粧品にも配合さているものがあります。

その為、最高の漂白(シミを消す)作用のある美容成分は、

『ハイドロキノン』 と 『ビタミンC誘導体』

の2つが協力することで肝斑を消すことができ美白へ導いてくれます。

美白化粧品は根気良く使いましょう!

美白効果を焦って化粧品を変えるのは良い方法とは思えません。

 

美白化粧品は、根気良く使い続けることが肌のためになります。

 

 

せめて、3ヵ月は続けることをおすすめします。

 

肌に溜まっているメラニンが通常の皮膚の代謝とともに肌表面からでていくには、少なくとも1〜2ヵ月はかかります。

 

ある程度効果が感じられるまでには、2〜3ヵ月程度かかるのが普通です。

 

半年以上使い続けても、あまり変化が出ない場合、それ以上は期待できないと判断しても良いと思います。

 

美白化粧品の効果にはかなり個人差があると言われていますので、正しい使い方をすることをおすすめします。

 

お肌の白さが増すまでにはしばらくかかるつもりで、気長に美白化粧品を使いましょう。

肝斑の改善・予防の対策について 【まとめ】!

肝斑の予防や改善するポイント・・・

特に次の方法を日常生活に取り入れて行きましょう!

肝斑は、化粧品だけでなく日常でも注意して、取り入れて欲しい要素があります。


美白成分を取り入れる!

・ハイドロキノンの成分

肝斑やシミ対策で美白効果を上げる成分です。近年改善策として化粧品に取り入れられている美白効果成分です。

・ビタミンC誘導体の成分

肌の奥まで到達して肌のターンオーバーを促進してくれます。

メラニンをつくらないから明るい肌に近付ける美白効果成分です。

・コウジ酸の成分

コウジ酸と言えば、甘酒や味噌などの発酵成分として好まれています。

食品としてもこういった天然のものを日常摂取すると良いと言われています。

コウジ酸といえば、ひと昔、2003年3月7日で厚生労働省より、コウジ酸を使用した化粧品などは発ガンの恐れがあると発表されています。

そのため、コウジ酸化粧品は自主回収されて、販売されていません。

もし、それがあれば使用しないようにしましょう。(ないと思いますが・・・)




保湿を保つこと!

季節に関係なく、年間を通じて続ける事が大切です!

特に洗顔の後は、保湿がとっても大事です。

洗顔後は、しっかり保湿化粧品で水分を補給して乳液やクリームによるケアを怠らないようにしましょう。

美白を成功させるために欠かせないのが、肌の水分。

肌をしっかり潤すことで、シワやたるみを防ぐ効果もありますが、様々な美容成分をきちんと肌の奥まで届けてくれるという役割も果たしています。

乾燥はシミ・ソバカス・肝斑のもとにもなってしまうので、お肌は常に潤いを与えるのが大事です。

表皮がしっかり潤っていると、肌の新陳代謝が活性化し、肌のハリと弾力の素であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が十分につくられるようになります。


紫外線は浴びない工夫を!

紫外線対策は1年中意識しましょう!

紫外線の影響で肝斑はできるものではありませんが、美白を目的にするには、紫外線は大敵です。

また、ここでおすすめの肝斑・シミの化粧品などの効果をあげるにも、使用中は紫外線が当たらないようにしましょう。

ハイドロキノンの弱点は、紫外線なんです。

ハイドロキノンを使用している箇所は紫外線を吸収しやすいので、UVカットのクリームなどで対処しましょう。

肝斑は出産中・妊娠後になりやすい!

肝斑は、女性ホルモンの減少が、主な原因であると考えられています。



妊娠や経口避妊薬使用などが挙げられるケースがとても多いのも一つです。

体内の女性ホルモンの減少および分泌バランスの乱れなどが最も大きく関係していると考えられています。

肝斑は、女性ホルモンや紫外線などが メラノサイト を刺激し、過剰につくられた メラニン がたまってシミになります。

出産中・妊娠後の女性に多い肝斑はそのためでもあります。





肝斑は肌の老朽化が進む30〜40歳代を中心に多い症状でもあります。

特に20代後半から30代の方の妊娠中にはできやすく「妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)」として知られています。

妊娠と肝斑の関係については、こちらの記事で説明しています。

⇒ 肝斑は出産中・妊娠後になりやすい!<<<こちら

妊娠中や産後の肝斑が酷い方については、こちらの記事で説明しています。

⇒ 妊娠中や産後の顔のシミが酷い!美白化粧品の選ぶ条件とは?<<<こちら

シミや肝斑に悩む患者に処方されるハイドロキノンが話題!

肝斑における有効成分のハイドロキノンは業界初で、初めて化粧品に配合しました。

今、肝斑やシミの改善には、アンプルールが人気で評価も高いです。

【ハイドロキノンの効果】


皮膚科医・高瀬聡子が美容皮膚科でシミや肝斑に悩む患者に処方されるハイドロキノンを安定化させ配合した化粧品を開発に成功!

その化粧品は沢山の方や有名人などに好評になり、メディアにも数多く掲載されています。


美白成分のハイドロキノンが配合されている化粧品がおすすめです。

ハイドロキノンは、メラニンが新しく産生されるのを阻害します。

トラネキサム酸とは違って、仕様にあたっての副作用や注意事項はありません。

安心して肝斑のケアに専念できます!

肝斑にはハイドロキノンが一番効果的な美白剤

“肌の漂白剤”“美白の王様”と呼ばれるほど美白効果が高い成分。

ハイドロキノンによるシミの抑制・美白効果は、同じく美白成分として知られるビタミンCやアルブチン、コウジ酸の数10〜100倍とされています。

肝斑には大変おすすめの化粧品です ☆.。.:*・

肝斑がよく出来やすい妊娠中や出産後の女性でも安心して、ご使用できます。

それは、国内で市販されているハイドロキノンの配合率が安全な基準値だからなんです!

アンプルールのハイドロキノン濃度は、2.5%です。

ハイドロキノンを化粧品に配合した場合、安全に使える濃度は1%〜3%位と言われています。

人によっては、独特のピリピリ感や赤みが出る場合がありますが、それはしっかりハイドロキノンが浸透している証拠なのです。

(肌質で気になる場合は、すこし間を開けて使用を再開するなどして、お試しくださっては良いかと思います。)


皮膚科医・高瀬聡子が美容皮膚科でシミや肝斑に悩む患者に処方されるハイドロキノンを安定化させ配合した化粧品を開発。



評価も大好評です!

肝斑・シミ・くすみに特化した化粧品!もっとも多いコメントは?

使い始めて、シミが薄くなってきたのを感じています!

と圧倒的なコメントが多いですね。

詳しい口コミと評価についてはこちら

AMPLEUR(アンプルール)

使用された方の口コミと評価

こちらで確認してみましょう!


まずは、トライアルセットのお試し版を試してみましょう!
アンプルール / AMPLEUR
ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット


▼《公式サイトはこちらです》▼

まずはお試し下さい!

美白の基本!これだけはしっかりと守って!

シミにおける原因には、紫外線、女性ホルモン、遺伝的要因、ストレス、生活環境など、さまざまな要素で引き起こすものと言われています。



シミの部分だけを集中ケアできるのが美白化粧品の利点でもあります。

美白化粧品を使用するにあたって、やっぱり気をつけていことは、日頃の生活環境の改善と紫外線対策です。


【美白対策】紫外線対策は1年中意識!

日焼け止めを塗っていない場合は、化粧下地やファンデーションは日焼け止め成分の入ったものを選びましょう。
首やデコルテにも塗布するように心掛けましょう。

日焼け止めは夏しか使わないという人は注意しましょう。
洗濯物を干す時、ごみを出す時など、日焼け止めを塗っていない状態で紫外線を浴びる時間は蓄積していくことを忘れないようにしましょう。


【美白対策】肌の保湿はなによりも大事!

欠かせないのが「保湿」です。
お肌にたっぷりの潤いと栄養を与えていきましょう。
美白成分の入った化粧品を使うと、メラニンの生成を抑えることが出来ます。

美白を成功させるために欠かせないのが、肌の水分。
肌をしっかり潤すことで、シワやたるみを防ぐ効果もありますが、様々な美容成分をきちんと肌の奥まで届けてくれるという役割も果たしています。


【美白対策】日焼はしっかり冷やしましょう

軽い日焼けでも何年も繰り返せば、慢性的に皮膚を傷つけるだけでなく、皮膚の老化を早めてしまいます。
美白ケアをする前に、肌をクールダウンさせましょう。
クールダウンをした後は、刺激の少ない化粧水でたっぷり水分補給を。

日焼けは、軽いヤケドと同じで肌の炎症を起こしています。
そんな状態で美白ケアをしても、肌は悲鳴を上げるだけです。
肌を労わるどころか傷めてしまうのです。
日焼け後は、まず美白、ではなく、まずクールダウンをするこが、美白の鉄則事項ですね。


【美白対策】美白化粧品は根気良く使う!

美白に憧れて、美白化粧品を使用してる方も多いと思います。
合わない場合を除き、すぐに止めてしまっては意味がありません。
美白化粧品は、根気良く使い続けることが肌のためになります。

効果の程度が低いからと使うのをやめてしまっては意味がありません。
お肌の再生サイクルは、一旦乱れてしまった場合は態勢を整えづらいといいます。
美白化粧品は、根気良く使い続けることが肌のためになります。


肝斑を消す『ハイドロキノン』配合の美白化粧品はこちらにも紹介しています。

みんなが使っている!

『ハイドロキノン』の美白化粧品

▼ ▼ ▼ ▼

効果が期待!大変人気です☆

肝斑やシミは紫外線だけ守っていてはダメ!ストレスからもあるんです!

シミや肝斑などの原因で考えられることで、真っ先に思いつくことは、紫外線対策ですよね。




でも、それだけが原因の一つではないのです。

生活を送っていて必ずといっていいほど受けやすい

『ストレス』

が原因でも肝斑やシミが起こりやすい要素でもあります。

ストレスが溜まると何かしら、体から信号が現れたりします。

にきびや肌荒れ、そしてシミや肝斑などもそうです。

これは、ストレスによって女性ホルモンへの変化の影響が大きいようです。


ストレスを避けて生活を送るのは、到底無理ですが、ストレスを満タンにためないように発散することを日々取り入れることは大事です。

好きなことに没頭する時間を設けたり、運動で汗をかいたり、旅行にいったり、気分転換を取り入れてみてはいかがでしょうか。


肝斑は、女性ホルモンの影響が大きく、特にストレスは要注意です。

肝斑を予防したり、つくらせない方法には、ストレスで女性ホルモンの刺激を減らすことも視野に入れておくことが必要になってきます。


こちらの記事も読んでみてね!

肝斑は紫外線だけが原因ではない!それって何?<<<こちら

肝斑を作り出さない予防の効果のある食べ物は?




肝斑にはリコピン成分!

強い紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

この活性酸素から身を守るためにメラニン色素がつくられるので、活性酸素を除去することが肝斑の予防に役立ちます。

リコピンは活性酸素を除去する働きが大変高い成分になります。

リコピンは熱に強く、加熱することにより吸収率がアップするので加熱調理するのもおすすめです。

リコピンが豊富な食べ物:トマト・スイカ・グレープフルーツ・柿

活性酸素を除去するビタミンC成分!

ビタミンCも抗酸化作用が強いので肝斑予防に効果的な成分です。

ビタミンCはリコピンと違い熱に弱いので加熱しないようにしましょう。

摂取してから2時間後に、血中濃度がピークになるので、毎月食べると肝斑予防に効果的です。

ビタミンCが豊富な食べ物:赤ピーマン・黄ピーマン・レモン・ゆず・パセリ・いちご・ブロッコリー・じゃがいも

メラニンの排出を助けるビタミンE

ビタミンEは血流を活発にして代謝を高める働きがあります。
そのため、メラニン色素の排出を助けると言われています。
ビタミンEは脂溶性ビタミンと言われていて油分と一緒に食べると吸収率がアップします。

ビタミンEが豊富な食べ物:いくら・たらこ・西洋かぼちゃ・とうらがらし・アーモンド・油・種子類